自己満DIY

プロが教える初心者向けDIY講座

実践DIY練習その1踏み台

さて今回からはいよいよ実践編!!

今回作成していくのは踏み台です。

縁側のちょっとした段差に一段あればといったときに役立つ踏み台の作り方をレクチャーできたらと思います。

 

まずは用意するものを紹介していきます。

 

・使用工具

1:とんかちor電動インパク

2:のこぎりor電動丸のこ

3:木工用ボンド

 

1番のとんかちor電動インパクトですがこちらはご家庭にあるものを使用しましょう。

電動インパクトは一般的なご家庭はなかなかあるものではないと思うので基本はとんかちを使用する方がメインになると思います。

DIYを始めるこの機会に電動インパクトを買おうと思っている方は電動インパクトを用意しましょう。

どちらもご家庭に無いという方は100円ショップで売られているとんかちを用意すると良いでしょう。

 

2番ののこぎりor電動丸のこも1番同様ご家庭にあるものを使用しましょう。

電動丸のこはあれば重宝するので本格的に始めようと決心していて買う予定がある方は用意しましょう。

どちらも無い場合にはのこぎりのご用意をお願いいたします。

 

3番の木工用ボンドはご家庭にある可能性が高いと思いますが、こちらも100円ショップで売られているものでも十分ですのでない場合はご購入をお願いいたします。

木工用ボンドは大工さんも使用するほどどんな場面でも役に立つ便利な品物ですのでDIYでもいろんな場面で役に立ちます。

 

・用意する材料

1:厚さ2cmほどの板

2:3cm×4cmの角材

3:釘or木ねじ

 

1番と2番の材料はこれまでの記事でご紹介した場所から端材を無料で調達してもよし、ホームセンターで購入してもよし。お好きな方法で調達しましょう。

 

3番の釘or木ねじはホームセンターにて購入しましょう。釘と木ねじどちらを用意するかは使用する道具によって変わります。

とんかちを使用する方は釘を、電動インパクトを使用する方は木ねじを用意します。

 

それではいよいよ実際に作っていきましょう!!

 

1:材料の加工

踏み台を作るためにまずは材料を切断していきます。

まず始めに厚さ2cmの板を切断していきます。今回作る踏み台は簡単なものを作るので少し小さめの設定となっています。

大きさは①15cm×30cmの大きさで1枚、②15cm×20cmを2枚切っていきましょう。

次に角材の切断です角材は長さを③20cmと④30cmに切りましょう。20cmは4本作りましょう。

この20cmが踏み台の高さになります。

これで材料の加工は終了です。

 

2:組み立て

 まずは①15cm×30cmに切断した板を用意します。その板に②15cm×20cmに切断した板を両端に20cmのほうが垂直方向になるように①に木工用ボンドを塗って立てます。

立てましたら裏返して①の板が上に来るように立て、②と①を釘もしくは木ねじにて固定をしましょう。

ここでプロが行う一手間、釘や木ねじをつけるところに使用する太さより一回り小さい穴をあけましょう。

この穴をあける一手間を加えることで材料がひび割れるのと、斜めに釘やビスが入ってはみ出すのを阻止することが出来るのです。

これはプロも行うちょっとしたコツでもあるのでぜひ覚えておきましょう。

 

次に立てた板の裏側4墨に③の角材を立てボンドと釘(もしくは木ねじ)で固定しましょう。このときも下穴をあけることで木材のひび割れを阻止することが出来るので忘れずにあけておきましょう。

 

最後に④の角材をボンドと釘(もしくは木ねじ)で①の裏側に固定することで補強でき完成となります。

 

 

 

 

 

 

 

始めようDIY!!〈準備編〉

DIYを始めるにあたって何を準備したらいいのかわからないって方多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のために最低限これさえあればDIYを始められる、そんな道具を紹介したいと思います。

ホームセンターでも工具売り場には一日で見きれない程の数の道具が並んでいます。

ですがどの道具をどんなことに使うか見ただけでは想像もできないと思います。

なので各工具の特徴や使い方を紹介をしていきたいと思います。

まずは始めるにあたって最低限必要な道具をまずは紹介していこうと思います。

まずなによりも必要なものとして電動インパクトドライバー!!

これが一台あるだけでいろんなことが出来るようになります。

インパクトドライバーがあればDIYだけでなくちょっとしたことにも役立ちます!!

たとえばニトリやホームセンターで買ってきた組み立て式家具にも重宝するんです。

インパクトドライバーもいろんな種類がありメーカーだけでもMakita(マキタ)・HiKOKI(日立工機)・ryobiそのほかにロープライスのプライベートブランドがありどれを買ったらいいのか悩んでしまうと思います。

メジャーメーカーのMakita(マキタ)・HiKOKI(日立工機)を例に挙げても14.4V・18V・36Vと3種類存在し14.4Vに関しても6.0Ahと5.0Ahと3.0Ahと3種類存在するので素人目からするとどれを選んだら良いのか目が回ってしまうでしょう笑

 

日本製にこだわるのならMakitaかHIKOKIでしょう。充電器とバッテリー2個セットわ値段が少し高いですが、使い始めたら納得できるお値段であることを実感します。

個人で使用するのであれば14.4Vの製品がおすすめです。

今現在だと18Vが主流なので以前よりお値段も少し下がって来ています。

 

 

DIY練習のための材料調達もしくは端材(余り材)を活かそう 第2弾

お待たせしました!
端材を活かそう第2弾!
前回の第1弾ではタダで端材を調達できる場所としてリフォーム会社のニッカホーム株式会社さんを紹介いたしました。


そして今回第2弾で紹介するタダで端材を手に入れることが出来る場所とは工事現場です!
新築工事やリフォーム工事をしている現場では良質な材料がタダで手に入ることがあります。特に地元工務店が工事をしている現場が穴場になります。

 

大工さんと仲良くなれば作成のコツなんかも教えてくれたり、その場である程度の必要な大きさまでは切ってくれるなんてこともあるかもしれません。

大工さんに声を掛けるなら10:00~10:30,15:00~15:30この時間帯が狙い目です。

なぜならこの時間帯は現場の休憩時間なので大工さんたちに声を掛けやすい時間となるからです。

 

大工さんとお話することの利点としては自分が作りたいものがどういった物かを説明することで適切な材料を教えてくれて、現場にある端材の中から必要なものを全て選択して渡してくれることでしょう。

その話の流れから組み立てのコツや接合に必要なビスや釘がどの大きさが適しているか等いろいろ質問してみると適切な材料を快く教えてくれるはずです。

 

いきなり難しいものを作るのはかなりの勇気がいると思いますので次回は練習に作るのに適しているものを紹介しようと思います。

まずはちょっとした踏み台、すのこ、子供用の腰掛なんかを照会できればと思います。

 

 

DIY練習のための材料調達もしくは端材(余り材)を活かそう 第1弾

DIYを始めたいけれどせっかくお金を払って用意した材料で失敗したらまた材料買わなきゃいけないしもったいないから中々始める勇気が出ない。
そんな風に思っているDIYを始めたい人実はいるのではないでしょうか?
そんな人のために意外な朗報です。実は無料で手に入れる方法があるのです。
それでは無料で材料を手に入れることができる場所をいくつか紹介いたします。

・リフォーム会社のニッカホーム株式会社
リフォーム会社のニッカホーム株式会社(以下ニッカホーム)さん、このニッカホームさんはショールームに端材BOXという箱が設置されています。端材BOXとは工事で使用して余分に出てしまった材料を集めて入れている箱です。

f:id:jikomandiy:20190222124149j:plain

ニッカホームさんのショールーム一覧がホームページに紹介されているので下記リンクよりお近くのショールームを探してみてください。

www.nikka-home.co.jp

この箱に入っている材料は無料で自由に持っていくことができるのです!!
基本的には下地材(角材、ベニヤ、石膏ボード、軽量鉄骨等)がほとんどですが時には仕上げ材(フローリング材、壁紙等)が入ってることもあるので思わぬ掘り出し物が見つかるかも


いくつか紹介すると言いましたが長くなってしまったので今回はこの辺で笑
次回第2弾は意外なあの場所を紹介します!!
ではでは、次回乞うご期待

 

意外と簡単初めてのDIY

この本棚あと少し一段の高さがあればこの本が入るのに!
棚買いにきたけど少し小さくて使えない、一つ上のサイズだと大きすぎる。
オーダーメイドだと高いし諦めよう。

こんな歯がゆい思いしたこと誰しも一度はあるはず。
DIYで自分で作る人増えてるってテレビでもよく見るけどそんなに簡単にできるものなの?

材料を買って来ても失敗したらと思うと中々チャレンジするのに勇気が出ない。
そんな人のために実は簡単に作るための豆知識やちょっとした一手間で失敗しない作り方の紹介や、実は無料で材料を手に入れられる穴場の紹介。
適切な工具の紹介や工具選びのコツの紹介、現場で使って良かった材料を現役現場監督が紹介していきます。